納骨堂選びのポイントと気をつけたいポイント

納骨

葬儀から納骨までの費用

線香

費用の差

実はお墓と納骨堂では費用の差が大きく出てきます。では実際にどのくらい変わってくるのでしょうか。
墓石には一般的に平均して140万円ほどと言われています。その他に土地借用代なども必要となりさらに金額が増すとも言われています。さらに墓地には広い土地が必要となるため東京都心部には広い土地を確保するのに大変なのです。そしてお墓を立てた後の話しになりますが、お墓を綺麗にしたり伸びた雑草を刈ったりと綺麗に維持するのが大変だと言われています。先祖代々受け継がれる大切なお墓なのでずっと綺麗にしておきたいとは誰もが思うはずですがそれは難しいことなのです。それは遠方にお墓があり管理が難しくなることだってあるのですし、お墓を近くに移動させることも出来ますがそれにもまた大きな費用がかかってしまいますよね。
そこで納骨堂の費用などを見ていきましょう。納骨堂は一人用であれば大体50万円ほどで済みます。さらに家族用になると大体120万円ほどが相場と言われています。納骨堂の料金の中には永代供養の料金も含まれています。お墓の場合は墓石の料金に加えて永代供養の料金も別途に必要になり、その永代供養の料金もさらに50万円から120万円が相場なのでそこで大きな差は生まれてきますよね。より費用を抑えたいのであれば納骨堂がお勧めです。お墓の管理などの手間もかからないですし、低料金なので最近人気を集めています。
ここまで料金の差を見てきていかがでしたでしょうか。経済的に厳しいといった人でも利用はしやすくなりますね。